虎斑のこと2                                           2014/8/27

斑についてもう少し触れます。ブナ科のナラの斑は古くから装飾な位置づけで珍重されてきました。北海道のナラは、明治以前から西欧では人気があったと言われます。特に斑の綺麗な材は、小樽オークと言われ、高級な家具や棺の鏡板に使われ、高い評価を受けています。現在でもその昔輸入した材を、大切に利用している人がいると聞きます。主要な生産地であった北海道のナラ材は、全く枯渇し、中国、ロシア、その他外国から輸入されて居ます。日本は古代から、木の香りのする、浮く宝(緑豊かな)の国とも言われてきました。此の宝を大切に、植林しながらモノ作りを目指すべきです。

平成7年オープン直前の「豊田市美術館」で所蔵品のライトの椅子を見せてもらい、私は驚きました。それは「ウォレン・ヒッコクス邸」のためにデザインしたという背の高い椅子でした。オーク材を使った此の椅子は、正面から見たときに、すべてのパーツ材に虎斑(又は銀斑)が入っているのです。材の繊維方向に交錯するように、斑の文様が美しく走っていました。全てのパーツに虎斑を表わすことは、材に対する造詣の深さと対応する技術力が不可欠です。原木の年輪に対し直角に挽割る、いわゆる柾目取りに挽割る事が基本です。それ以来ライトの事を、興味を持ちました。建築の太い梁や家具の写真の中に虎斑があるとほっとした嬉しい思いがします。我々は無機質な生活空間に、慣れ親しみ過ぎて居るのではないかとふと思います。ライトが愛し執着した、虎斑や樹木の持つ個性豊かな魅力を共に享受できる事を期待します。

トラフイラスト 1ミシン2